お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




2カ国とも国土は小さいけれど、見どころは満載なのです。


オランダとベルギーは、ヨーロッパの中でも比較的小さな国です。もうひとつさらに小さな国ルクセンブルグと3カ国をあわせた総称として、各国の頭文字をとってベネルクスと呼ばれています。その名の通りこの3国はとても結びつきが強く、いち早く関税や資本・労働力が自由化され、現在のEUの起源になった国々です。そして、旅行者の観点からも、ベネルクスは数時間で移動できてしまうとても旅のしやすい国なのです。オランダの首都アムステルダムからベルギーの首都ブリュッセルへは、タリスをはじめとする高速鉄道の本数も多く、所要時間も3時間弱。それぞれ国内の他の町へはもっと短時間で行けるので、アムステルダムとブリュッセルを拠点にして日帰り観光も出来てしまうのです。

ブルージュページトップへ>

ブルージュ
Bruges
美しい運河の街ブルージュで
中世の世界にタイムスリップ

中世にタイムスリップしたかのような美しい運河の町ブルージュは、とりわけ女性に大人気です。ハイシーズンには、運河を舟で周遊したり、運河沿いのレストランでグルメを楽しんだり。名産品のレース編みの小物やブラウス、テーブルクロスなどを多彩に揃えた土産物屋も必見です。繊細で美しいお土産は記念に残るものです。夜は広場を取り囲む古い建築物もライトアップされ、運河にオレンジ色の灯りが揺れて、とびきりロマンチックなムードでいっぱいです。グルメの国ベルギーの中でも、ブルージュでは名物のムール貝のワイン蒸などを味わってみたいものです。ドライなワインと一緒にいただく魚介類の美味しさは格別です。


ブリュッセルページトップへ>

ブリュッセル
Brussuls
EUの中心地でもある、
みどころいっぱいのベルギーの首都

ベネルクス3国のひとつベルギーの首都ブリュッセル。運河の町ブルージュやアルデンヌ地方など、自然豊かで美しいベルギーの郊外を旅するときも玄関口となるのはこの町です。政治・経済の中心でもあり、観光客を魅了する名所にも溢れています。中心に位置する広場グラン・プラスは世界遺産にも指定された美しい広場で、かのヴィクトル・ユゴーも賛嘆したといわれています。尖塔のある市庁舎や、さまざまなギルドハウスの建物は歴史を感じさせる華やかなもの。名産の珍しいビールが味わえるビールの博物館もあるので、ぜひ行ってみたいもの。また忘れてはいけないブリュッセルの名物といえば、やはり小便小僧。日々衣装を着替えさせられたり、ビール会社のイベント時は、水の代わりにビールを出したりと、盛りだくさんの趣向も楽しみです。


デュルビュイページトップへ>

デュルビュイ
Durbuy
世界で一番小さな街、
世界で一番美味しい街。

ベルギーのアルデンヌ地方、深い森の中にある世界一小さな町デュルビュイ。石畳の小道、石造りの可愛らしい家々は、まるで絵本の世界から抜け出したような町並みです。人口400人という小さな町なのに、レストランの数はなんと40軒!そう、デュルビュイはベルギー有数のグルメの郷でもあるのです。その町でもトップクラスの味で定評のあるオーベルジュが「ル・サングリエ・デザルデンヌ」。ウルト川の河畔に位置するこのオーベルジュは、中世時代の城やトピアリーの庭園の景観も楽しめる優雅な宿なのです。


アルデンヌの古城巡りページトップへ>

アルデンヌの古城巡り
Ardenne
まるでタイムスリイプしたかのような
中世の古城を巡る旅。

フランス語圏のワロン地方内東部のアルデンヌ地方は、中世から18世紀にかけて数多くの城や要塞が建てられました。豊かな清流と森が織りなす自然に溢れ、うっそうとした緑の丘陵地帯に古城が点在しています。アンヌヴォワ城、フレイエル城、ヴェーヴ城など素朴でありながら威厳を感じられる素晴しい古城を是非巡ってみてください。


アムステルダムページトップへ>

アムステルダム
Amsterdam
カラフルにはじけるチューリップや
美しい花々に彩られたアムステルダム

自転車が似合う、跳ね橋のある独特の風景の中をそぞろ歩きすると、美しい花々が並んだ花市場があったり、焼きたてのパン屋さんがあったり。広場のカフェで生ビールを飲みながら道行く人々を眺めたり、楽しみ方もいろいろです。3月から5月にかけてはチューリップのシーズン。キューケンホフ公園ではカラフルで華麗なチューリップが訪れる人を魅了するのです。そしてチーズ王国と言われるように、ゴーダチーズやエダムチーズの工場なども見学したいですね。


デルフトページトップへ>

デルフト
Delft
フェルメールが愛した美しい街は
現代の今も変わらずに美しい。

白地にブルーの絵柄が爽やかで繊細な印象の「デルフト・ブルー」は世界的に人気が高い陶器です。その美しい陶器の名産地こそが、オランダにあるデルフトの町なのです。また画家フェルメールはデルフト生まれ。彼の傑作「デルフト眺望」に描かれた風景さながらの町並みが残り、町にはフェルメールセンターもあります。街並みはアムステルダムを小さくしたような、運河が美しい地方都市。中央広場から路地を入っていくと、雰囲気のいいレストランやカフェに混じって、デルフト焼きの陶器がたくさん並べられた土産物屋も軒を並べ、陶器好きでなくても散策が楽しみです。ゆったりとした時間が似合うデルフトの町でのとびきりのひとときを過ごしてみたいものです。


キンデルダイクページトップへ>

キンデルダイク
Kinderdijk
オランダの風物詩、
世界遺産にもなった風車群。

ロッテルダムの町から南東に15㎞。バスで50分ほどの郊外にある風車の村キンデルダイク。ここには、かつて1970年頃、灌漑設備用として作られた風車群が今なお美しい姿を見せています。現在オランダ国内に1000基あまりあるといわれる風車のうち,19基がここキンデルダイクの川沿いの湿原に整然と並び、オランダならではの風物詩を見せてくれます。1997年に世界遺産として登録されてからは、ますますここを訪れる観光客も増えました。村の中では、風車の内部を見学したり、川を遊覧船で巡る川下りのツアーに参加したり、ブティックでオランダ土産に大小さまざまな木靴や名産チーズなどを買ったり楽しみがいっぱいです。